新しい家庭を築く事が結婚と言う事になります

男性と女性、異なる二人の人間が社会人となり、同じ屋根の下で生活する事、これが結婚と言う事になります。
そしてその証拠となるのが社会が認めると言う婚姻届けが関係機関に受理されたと言う事になります。
そしてこの二人は共に左手指に指輪を嵌めています。
これが多くの場合には男女お互いが夫婦関係を築いている象徴と言う事になります。
もちろん婚姻を果たした訳ですから、夫婦同姓と言う事になります。
そしてこの二人に関しては新しい夫婦生活の営みを維持する事が求められていると言う事になりますから、愛する二人の結晶を儲ける事が認められていると言う事になります。
つまりは子供を授かる事が可能と言う事になり、それこそが新しい家族を持つと言う事道理と言う事になる訳です。
しかも、その新しい家族は一人のみになく、二人でも三人でも、何人授かっても一切構わないと言う事になります。
それこそが愛する男性と女性の結婚生活の誉と言う事になる訳です。